サイトメニュー

性格と間違われやすい症状

医者と看護師

個々の性格は人の数だけ存在します。明るくポジティブな人もいれば、逆にネガティブな人もいます。この性格がプラスに働けばよいのですが、マイナスに働いてしまうと人生が途端につまらない方向へと傾きやすいです。落ち込みやすく自分に自信がないや自分があまり好きではないという考えの人はいませんか?多くの人はそれがその人の性格だと思う人が多いです。ですが、このマイナス思考は考え方や性格によるものでは無い可能性があります。気分変調性障害という病気を知っていますか?マイナス思考の原因はこの気分変調性障害である可能性があるのです。治療をしっかり行えば改善される病気なので、まずはどんな病気なのか知っておきましょう。

気分が晴れない、落ち込みやすいという症状が二年以上続く場合気分変調性障害と診断されます。気分変調性障害は抑うつ気分が長く続く病気の為性格と混同されやすく、他の人から見ても病気と気づかれず治療されないケースが多いです。最近は一つの病気として認められているので、気分変調性障害を治療している人も増えています。気分変調性障害は男性と女性では女性に多い病気です。気分変調性障害を抱えていると自覚している女性はまだ少ないですが、自分の性格だと思いそのままにしておくと、パニック障害や摂食障害を引き起こしてしまう可能性があります。気分変調性障害の特徴として睡眠障害、抑うつ症状、倦怠感、食欲不振や過食、集中力・決断力の低下、絶望感などがあります。このような症状が自分を襲った時、バタフライハグは有効です。両腕をクロスさせて抱きかかえるようなイメージでしていくといいでしょう。ただし、あくまでもストレスケアになるので、しっかりと治したい人は専門機関の受診も一緒にしていくのがおすすめです。

何かにとても熱中し一生懸命頑張っていたので急に火が消えたようにやる気がなくなる人がいます。そのような人は燃え尽き症候群になっている可能性が高いです。燃え尽き症候群もうつの症状に似ていますが、また別の病気です。燃え尽き症候群は何かを一生懸命取り組む人に多い病気です。受験で勉強を頑張る学生や仕事にバリバリ打ち込む中年の人に多いと言われています。燃え尽き症候群になるきっかけは様々です。受験が終わった時や頑張っても思うような結果が得られなかった時、定年退職を迎えた時などがあります。
燃え尽き症候群とうつ病の似ている点はやる気の減退にあります。ですが、うつ病との違いはやる気の減退のタイミングです。うつ病の人の場合はあらゆる事に対してやる気がありませんが、燃え尽き症候群の場合は、真剣に取り組んでいる勉強や仕事に対してのやる気が少しづつ、または急になくなっていきます。燃え尽き症候群はうつ病になる原因にもなります。燃え尽き症候群も症状が進行するとネガティブ感情が強くなり自己否定をするようになります。自己否定を続けすぎると、ストレスが溜まりうつ病へと発展していきます。うつ病になってしまう前に、バタフライハグなどのストレスケアを実施して軽減したり、悪化を防ぐために病院を受診したりして早めに対策を立てるようにしましょう。頑張る事はよい事ですが、適度に息抜きをする事も大切です。最近はネットを使って診断をする事もできるので、自分が燃え尽き症候群の傾向があるのか調べる事ができます。

Copyright© 2019 【ストレスケアで大注目】バタフライハグでうつ症状を緩和 All Rights Reserved.