サイトメニュー

小学生に多いうつ症状

看護師

うつ病の傾向は年齢や性別によって違います。また症状も違ってくるので覚えておきましょう。まず最初に小学生・中学生に多いうつ病の症状を紹介していきます。
小学生や中学生で起こるうつ病の要因には学校でのいじめや引越しによる環境変化によるストレスが原因です。主な症状としては頭痛や腹痛といった症状が多いです。他にも吐き気や不眠もあります。うつ病は体調の変化だけで性格にも変化が出ます。前よりもイライラしている態度をとったり、反抗的な態度をとったりする行動もうつ病が原因の可能性があります。不登校や引きこもりがちになるのは心が弱いからだと思われやすいですが、うつ病により心の安定が保てず内にこもるような行動をとっている可能性があるので見逃さないようにしましょう。子供の様子がいつもと変わっている時や不調を訴えるほど学校へ行くのを嫌がる場合は心の休養を優先させましょう。無理に学校に行かせてしまうとうつ病を発症していた場合、より悪化させてしまうからです。まずは家族が理解をする必要があります。家族だけで問題を解決しようとしても難しい場合が多いので、その場合は専門の心療内科や精神科へ受診して早めの対策をとる必要があります。治療中は心が回復するまで焦らずゆっくり治療を行いましょう。うつ症状で一番良くない行為は家族や友達からの励ましの言葉です。励ましの言葉はうつ症状の人にとっては自分の努力が足りないからダメなんだととらえられやすいからです。うつ症状で負けそうになった時は、バタフライハグを活用すると不安感が緩和されます。バタフライハグは小学生でも簡単にできます。親子で一緒にやるとホッとして、心も落ち着きやすいので病院へ行く前に試してみるといいでしょう。

子供もうつ発症することもありますが、うつ病は学校に通う生徒の他に教師にも増えています。教師は人と接する機会が多いので対人関係によるストレスがかなりのものです。また、教師は、対人関係だけでなく労働時間が長い事や仕事のかなり多い事もあげられます。教師という仕事に対して真面目な先生ほど、頑張りすぎてしまいうつ病になってしまうのです。教師の仕事は、授業の準備や授業で使う資料をまとめる作業もあります。他にも保護者からクレームがあった場合にも対応しなくてはいけません。そして学校の部活動の顧問や家庭訪問など仕事がたくさんあります。学校の夏季休暇や冬期休暇も部活動の顧問や新学期に向けての準備が必要なので休みが取れません。うつ病になってしまった場合、ストレスをこれ以上増やさない為に休養しなくてはいけません。ですが休職や退職を行うと収入が無くなってしまうので、生活を続けるのが難しくなってしまいます。その事を理解している教師は多く無理をしてでも仕事を続け、うつ病が悪化し命を落としてしまう人もいます。教師の仕事を頑張りすぎている人は、仕事をしすぎないように休める時にしっかり休みましょう。休む事に抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、仕事は1人で行うものではありません。他の人に頼るのも大切です。休んでいる時はできるだけ仕事の事は考えないようにするのもうつ病予防になります。休んでいる時も仕事の事が気になって心が休まらないという人はいますが、バタフライハグなどを試してちょっとした時間でも心をうまく切り替えていくことが大切です。

Copyright© 2019 【ストレスケアで大注目】バタフライハグでうつ症状を緩和 All Rights Reserved.