サイトメニュー

うつ病からの脱却

診察

うつ病は病気であると認められるようになり、治療が確立され始めています。一つの治療法だけで治療せず、その人に合わせて良い方法を模索し症状を緩和させるのが現在の治療方法です。うつ病の治療法は、カウンセリングや抗うつ剤の服用を行うので長期の治療になりやすいです。長く続ける程効果を発揮しますが、それには家族や友人である周りの助けが必要となります。うつ病治療の方法としてよく行われる治療法は主に3つあり、この3つを組み合わせて症状の緩和を行います。一つ目は休養です。症状を緩和する為にはなにより休養が不可欠だからです。うつ病になってしまう人は、心がとても疲弊している事が多く、十分な休息を取らなければ治療を始めても効果があまり出ません。責任感が強く真面目な人は、例え療養中でも行っている仕事を止めてしまう事に罪悪感を覚えてしまう人が多いです。罪悪感による不安を取り除くには、家族が医師からうつ病症状の説明を受けしっかり理解し、本人に休息を取るように伝える事が一番です。家族から自分の心と体を気遣うよう声を掛けられた本人は、休養を取る事による重荷から解放され、休養をしても良いのだと思えるようになります。
二つ目に投薬治療です。うつ病の治療は抗うつ剤を使用します。継続して飲み続ける事で力を発揮する薬です。乱れた脳の神経伝達を正常にする働きがあります。効果を得る為には一週間以上の服用が必要となります。3つ目は心理的治療です。心理的治療は薬を用いずに、訓練や対話を行う事で治療を受ける患者の心と価値観を見つめ直します。精神療法やカウンセリング以外にもストレスに打ち勝つバタフライハグのようなストレスケアの方法も指導してくれます。バタフライハグは、PTSDの方やパニック障害の方にもおすすめされているケア方法です。ストレスによるうつ病の発症は珍しくないため、こういった方法を積極的に行なうことも良いでしょう。

うつ病になってしまい、会社や学校を休職する場合うつ病という診断の証を発行してもらう必要があります。病気の情報や休養の期間などが記されています。診断書は病気の証明書でもあります。医師にお願いすると書いてくれる事が多いです。自分がうつ病かもしれないと思った時、どこを受診するべきか迷う人もいるでしょう。精神的な疾患の場合受診先として思い浮かぶのが精神科と心療内科です。精神科は、統合失調症や恐怖症のような精神疾患を主に扱っています。やる気が低下したり、気分の落ち込み、集中力の欠如のような症状が出てしまった場合は精神科を受診するのがおすすめです。もう一つの心療内科は、生活で起こるストレスによって身体的症状を診てくれる科です。精神的なストレスで体調を崩して病気になってしまった人は心療内科を受診するのがおすすめです。診断書を貰う場合は、しっかりと何故診断書が必要なのかを医師に伝えるようにしましょう。理由によって医師が診断書に記載する内容が違ってくるからです。学校や職場を休学する場合は医師に休養に必要な日数を記載してもらう必要があります。うつ病の治療に向けて会社や学校に知ってもらう為に協力してもらいたい人は通院が何故必要かという理由や通院の回数もうつ病改善に向けての指示なども医師に伝えれば記載してもらう事ができます。会社や学校で診断書を書いてもらう為の指定用紙がある場合は、診断書を書いてもらう前に医師に渡しておきましょう。

Copyright© 2019 【ストレスケアで大注目】バタフライハグでうつ症状を緩和 All Rights Reserved.